ハイランダー ウッドフレームチェア コットン(HCA0180)カーミットチェア

ベランピングにぴったりの組み立てイスです。

ハイランダー ウッドフレームチェア(HCA0180)です。

カーミットチェアのオマージュ製品ですね。

そっくりです。

本物は汚したらどうしようと思ってしまうほど高価ですが、

その点ハイランダー製なら敷居が下がってガンガン使っていけそうです!

とはいっても1脚1万円ほどするキャンピングチェアとしては決して安価なものではありませんが…

2020年9月現在のラインナップはコットン生地のアイボリー(白)、カーキ、赤の3種と、

ナイロン生地の黒メッシュとカモフラージュの2種類、合計5色展開となっています。

私が購入した当時(HCA0180)から仕様変更があり、背もたれ部分の生地がさらに補強されて伸びにくくなっています。

キャンプに持って行くなら焚火の火の粉でも燃えにくいコットンタイプを選ぶ方がいいと思います。

ナイロン生地だと火の粉で簡単に穴が開いてしまいます。

私はコットンのアイボリー(白)を買いました。

コットンも通気性が良いので座っていて蒸れることなく快適です。

汚れが目立ちそうですが、色味が明るくキレイなので白コットンを選びました。

汚さないように使うのが一番なのですが、こどもにうるさく言いたくないので、

「汚れたら汚れたでいいやー」という気持ちで使ってます。

組み立て方

こちらが収納状態です。

木製フレームなのでそれなりに重いです。

収納袋から出したところ。

フレームに傷が付かないように少し慎重になります(笑)

 

まずはフレームを組み立てます。

ここ!

ここがハマらない!

製品によってバラつきもあるそうなのですが、特に新品のうちは布が伸びてないので押し広げるのに苦労します。

でも、ちょっとしたコツでずいぶんと楽に組み立てることができるようになります。

【Hilander(ハイランダー)】ウッドフレームチェア 組立&撤収のコツ★

 

非力な女性だと苦労するかもしれません。

怪我しないようゆっくり練習しましょう。

コツさえつかめば誰でもできるようになります。

 

完成です。

日差しが当たると白く輝くようにきれいです。

汚れていない今だけかな(笑)

 

ベランダでお茶スタイルです。

布地は身体をやさしく包むので座り心地もゆったりしてますね。

肘掛も付いているので読書なんかでも楽な姿勢が取りやすいです。

 

お茶を飲んだりごはんを食べたり読書をするにもほどよい角度と高さです。

高さは低めで、どちらかというとロースタイルです。

小柄な人にも足つきが良いです。

子供にも合わせやすい高さです。

明るくて「映え」ますw

 

足先にプラスティックのカバーが付いています。

部屋の中で使うのは無理ではありませんが、もう少し柔らかいゴム足に換えるかカバーを付け足すのが良さそうですね。

木のぬくもりが感じられてインテリア家具としても重宝します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました